MRI・CTによる画像診断

  • TEL.072-272-8811
  • 採用情報

アイチケット広場

DIAGNOSIS

画像診断

DIAGNOSIS

MRI・CTによる
画像診断

当院では、1.5テスラMRIと
64列マルチスライスCT(Canon製Aquillion64)を導入しています。

心臓、頭部、四肢をはじめとした全身の血流不全、胸腹部の各種臓器の精密検査として悪性腫瘍をはじめとするさまざまな病変の発見に役立っています。
また、わずかな時間息を止めていただくだけで撮影できますので、ご高齢な方や胸の病気で長時間の息止めが困難な方でも、楽に検査を受けて頂けます。

1.5テスラMRI

1.5テスラMRI

マグネットの強い磁気を利用して、身体の臓器や血管を画像化します。
特に脳や脊椎、四肢(関節)、骨盤内における病変に関して優れた画像情報を得られます。
X線を使わず磁力を用いて検査するため、放射線被ばくの心配はありませんが、検査中は大きな音が鳴り、検査時間も長くかかります。

64列マルチスライスCT
(Canon製Aquillion64)

レントゲンと同じX線を身体の周りから連続照射し、体内を透過しコンピューター処理することによって、身体のあらゆる部位の内部構造の断面画像化、および3D画像化します。

1.5テスラMRI

MRI・CT検査を
受けられる方への注意事項

MRI・CT検査は非常に強い磁石と電波を使って撮影します。MRI検査時に金属を持ち込むと、その金属の発熱により「やけど」を起こす危険性や正確な画像が得られない可能性があります。

以下の項目に当てはまる方は、MRI・CT検査を受けていただくことができません。

  • 心臓ペースメーカーや埋め込み型除細動器を使用している
  • 人工中耳、人工内耳をつけている
  • 神経刺激装置、骨成長刺激装置、金属製義眼、磁石式人工肛門などの体内装着物がある
  • ステント挿入術を6週間以内に受けた
  • 眼またはその付近に微細な金属片が入っている
  • 金属加工の仕事や、外傷などにより体内に金属異物が入っている可能性がある

FLOW

各検査の流れ

  • CT検査の流れ

    ※予約は不要です、当日でも検査できます

    • 必要な場合は検査着に着替えます
      (撮影範囲に金属等がなければ着替える必要はありません)
    • 仰向けに寝た状態で撮影します
    • 頭部や頚部の検査では両腕をおなかの上に置き、胸部や腹部・骨盤の検査では両腕を上にあげて撮影を行います
    • 検査時間は部位によって異なりますが、約10分程度です
  • MRI検査の流れ

    ※基本的にご予約が必要です

    • 事前に問診・同意書を記入していただき予約をとります
    • 検査当日は上下検査着に着替えます
    • 金属探知機で体内に金属がないかを確認します
    • MRI装置のトンネル内に入り、体を動かさないようにします
    • 検査時間は約30分程度です
  • 造影CT検査の流れ

    ※ご予約が必要です

    • 事前に問診・同意書を記入していただき予約をとります
    • 検査当日は上下検査着に着替えます
    • 造影剤を注入する針を腕に確保し、点滴を30分前後施行します
    • CT室に移動し、仰向けになり両手をあげた状態になります
    • 造影剤を入れながら撮影します
      ※少し体が熱く感じることがありますが、一時的なもので心配はありません
    • 撮影後、点滴が終わるまでベッドで休んでもらいます
    • 検査結果は後日になります

FAQ

画像診断について
よくいただくご質問

レントゲンやCTで被爆すると身体に影響はありますか?

放射線によってガンや白血病が誘発される可能性はありますが、かなりの量の放射線を全身に浴びた場合にのみ影響が出やすく、医療で用いられる限られた部分への放射線ではガンや白血病になることはまずありません。

妊娠中に検査を受けても大丈夫ですか?

成人より胎児は放射線の影響を受けやすいため、妊娠中の患者様には念のため検査を控えていただいています。

造影CT検査とはどのようなものですか?

検査前に腕の血管に点滴をつけ、造影剤という薬剤を体に注入しながら行う撮影です。
通常のCT検査よりも血管の走行や狭窄、病変部が悪性なのか判断する事ができます。
特に脳血管・心臓血管・下肢血管・内臓の腫瘍等の診断に役立ちます。

刺青・タトゥーをいれていますが検査できますか?

刺青やアートメイクの顔料には、まれに微量の金属成分が含まれている事があります。
MRIの強い磁場に入ると金属成分が反応し、画質の乱れや火傷の恐れがある為検査を受けることは可能ですが、刺青やアートメイクの部位に熱や違和感を感じたら、安全のためにすぐに検査を中止します。

コンタクトレンズやお化粧をしたままでもMRI検査は受けられますか?

カラーコンタクトレンズには着色剤に微量の金属成分が含まれている事がある為、必ず外していただきます。
お化粧もラメなどに微量な金属成分が含まれている事があるので、火傷を防ぐためにも控えめにして頂く方が望ましいです。

ジェルネイルをしたままでも検査を受けられますか?

検査中に急変や体調の変化があった場合、酸素濃度を測定するためにパルスオキシメーターを装着することがある為、長い爪や飾りがついたネイルは原則的に取って頂く方が望ましいです。

人工関節の手術をしましたがMRI検査を受けられますか?

人工関節・人工骨頭等は、チタンやセラミック製であれば検査できます。
最近のものであれば問題ありませんが、20年以上前の手術や海外での手術で金属成分が不明なものについては、検査できるのか確認する必要があります。

閉所恐怖症で検査できるか不安です...

検査前に短期的な抗不安薬や鎮静剤を服用してから来院するのも一つの手段ですが、最低限の画像で時間短縮して検査をおこなう事もできます。
どうしても無理な場合は中止します。

INFORMATION

堺市西区 医療法人泉翔会
かとう鳳クリニックのご案内

診療科目
内科・循環器内科・消化器内科・呼吸器内科・脳神経内科・外科・人工透析・整形外科・リハビリテーション科・アレルギー科・麻酔科
所在地
〒593-8324 堺市西区鳳東町2丁177-3
最寄り駅
JR鳳駅 東口から駅前通りを南へ徒歩約3分
駐車場
合計24台(第1駐車場9台、第2駐車場15台)

pagetop